以前から、何かの研修で耳にしたエンパワーメントという言葉が気になっていました。エンパワーはその動詞で、~に力を与える、(人に)自信を持たせる、(人を)力づける、というような意味を持つそうです。

今回のブログのタイトルの「empower to live」は、一枚の写真が生きる力となるような存在であってほしいなあという願いを込めて考えました。

私たち写真館の仕事は、物理的には写真・写真データもしくはアルバムをお渡しするという仕事です。しかしながら、その受け取った一枚の写真の持つ意味は、お客さまお一人お一人違うのだろうなとお客様とお話しする中で日々感じています。

今回は生前遺影の場合を考えてみます。前もって生きている間に写真撮影をして、ご自分の遺影写真を準備しておくという考えが日本に浸透してきているようで、近年生前遺影撮影に来られる方が増えています。当店では、70才~90才代くらいの方が多い印象です。

でも、、、生前遺影の写真の場合、亡くなる準備なんだから「EMPOWER TO LIVE」 って何?違和感ありあり?

人生の最終章、準備することはたくさんある中で、写真はその一部でありましょう。しかし、遺影写真はご自分の写真の中でも最も多くの人がご覧になるであろう一枚の写真なのです。

人生の締めくくりの写真の準備をしようと決意して、撮影に来られるという行為は、自分の人生に最後まで責任を持つというとてもポジティブな人生への向き合い方だと思います。おそらく多くの方は、家族が困らないようにとの配慮ではないかとも思います。そして写真を手にした時、一抹の安心感・満足感を感じられることでしょう。それもこれも、人生が終わるまで前向きに生きていることととらえることもできます。

また、亡き夫の写真に毎日語り掛けてるとおっしゃっていた女性の方もいらっしゃったけど、残されたご家族も、写真を見ることで亡くなった方を身近に感じられるよう、そして前向きに生きていけるようなそんな力になるような一枚であってほしいなあと思うのであります。

希望的視点でした。

真奈美


新年おめでとうございます。

昨年中は、様々な状況の中で、写真を撮影にご来店いただきありがとうございます。

なかなか人に自由に会えないというなかで、久しぶりに家族に会えるよろこびは、一層感じられた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

今年も、そんな家族写真や成長のお慶びの写真、また人生の次の段階への写真など、だいじな写真撮影をたくさんお受けしていきたいと思います。

過去、現在、未来への写真に関すること、お気軽にご相談ください。

本年も宜しくおねがいします。


We appriciate the families for taking pictures of

SHITIGOSAN at our photo studio,

SATO PHOTO STUDIO in Ofunato City, Japan.

We’ve been cheered up by those carefree and energetic KIDS,

aIthough SHITIGOSAN shooting is almost

hard work for us to take pictures every year.

Thank you for the fun shooting everytime!

We hope to see you guys, growing, sometimes.

Well, this lively family on this SHITIGOSAN

picture with the older boy wearing this Japanese

tradisional style of kimono, HAORI, and HAKAMA

and holding a KATANA,

and the energetic younger boy has come here

for the second shooting of SHITIGOSAN.

Somehow, this SHITIGOSAN picture was taken

miraculously because it’s a little bit unconfortable and tight for a little kid to

wear this traditional Japanese cloth, Kimono and Hakama,

We need to think out in better manners to put kimono on children.

We hope that this picture give this family a moment of

happiness and joyfulness.

As before, their overseas families would be

delighted by recieving this picture of SHITIGOSAN.

今年も、七五三の記念に当店(大船渡の佐藤写真館)にて

撮影して下さったご家族の皆様、

本当にありがとうございます。

毎年、七五三の撮影では、四苦八苦しながらの撮影になることが

多いですが、私たちスタッフも元気で屈託のない

お子様の様子から元気を頂いております。

いつも楽しい撮影をありがとうございます。

また、成長した姿をいつか見せて頂くと

嬉しいです。

こちらのファミリーは、着物・羽織・袴姿と刀が大好きな

お兄ちゃんとエネルギッシュな弟君のにぎやか

なファミリーで、2回目の撮影にいらっしゃいました!

日本の伝統的な衣装の着物と袴が小さな子供にとって

ちょっと快適でないし、きつく感じるので、

奇跡的になんとか撮れた感じの撮影でした。

この点は、もっといい方法で気楽に着ていただけるよう

改善が必要なところです。

この写真で楽しんでいただけたらいいなと

思います。前回同様に、 きっと海外のご家族も、

この七五三の記念写真を受け取って

大喜びされることでしょう!!


 

令和4年10月13日、東海新報紙に当店の記事が掲載されました!!

今年は大船渡市市政施行70周年の節目の年。

ちょうど、当店舗内ギャラリーでは、大船渡市が誕生した昭和27年当時の

盛町七夕パレードの写真を展示中。

記事の中では、その写真の撮影者である店主の祖父のこと、店主の想い、

ガラス乾板について、写真データの管理についてなど丁寧に紹介されております。

その記念の一枚の写真に加えて、昭和初期から中期にかけて、大船渡市から陸前高田市で

ガラス乾板で撮影された白黒写真が他にも展示されています。

これらの気仙の原風景ともいえる写真をたくさんの方にご覧になって頂ければ

と思います。

変わっていくもの、変わらないもの。

なつかしさ、寂しさ、楽しさ、悲しさ、希望、後悔、驚き。。。

それぞれの感性で、ひと時を。。。

真奈美


この前、2~3歳くらいの男の子とお母さんとおばあちゃんが

証明写真を撮りにご来店されました。

ご家族のご協力とアンパンマンのぬいぐるみのおかげで、お子さんもきちんと撮影成功!(✨)

おそらく、初めて一人で座っての写真館での撮影だったのではないかと思いますが、

スムーズに終了。(o^―^o)


撮影後 、お母さんは、泣かずに撮れるか心配だったとおっしゃって、

「ちゃんと撮れたねー、撮れるんだねー!」と、びっくりしつつ、

おばあちゃんと喜んでおられました。

このくらいの子供さんは、日々すごいスピードで成長し、

ご家族も知らぬ間に出来るようになっている事もたくさんあるんでしょうね。

それを発見した時のよろこびは、かけがえのない幸せの瞬間ですね!

で、男の子は、みんなより先にさっさっと元気にお店を出てゆきました。

こんな家族のかけがえのない時間に出会えた日でした。

真奈美


婚礼写真の焼き増しのご依頼が女性の方からありました。

何らかの理由で(詳しくは伺いませんでした)、失ってしまった大切な写真。

昭和のフイルムカメラが 主流の時代の結婚式


婚礼の年月日もはっきりおっしゃったので

あとはフイルムを探せばOKなのですが。。。


フィルムは見ただけでは 婚礼かな集合写真かなとかというのはわかりますが

表情や衣装の色などわかりませんので、フイルムを探すのは至難の業です。。。

当時の受付帳で名前と年月日を確認して、あとは

フイルムシートに記入してある年月日を見て

これかなっていうフイルムをスキャンしてパソコンで画像を確認する。

今回は、運よくすぐ見つかりました。(ラッキー!)

自宅で撮影した婚礼写真。

薄緑色の花嫁衣裳を着た初々しい花嫁さんと

緊張気味の紋付袴姿の花婿さんが両家の親類の方々とご先祖様の見守る中、

共に写っておりました。(自宅でのこんな結婚式ってなんかいいなあ。。。)

ご自分のよみがえった婚礼写真を見た時の

お客様の笑顔と目の輝きがとても印象的で、すごく喜んでいただけたようで。。。

こちらもほんわかと心温まるような気がしました。。。

当店で撮影したフイルム・ガラス乾板・写真データは、出来る限り保管しております。

でも、当店は津波の被害にあったため、再生不能になって破棄したものや、

年月日が消えてわからなくなってしまっているものが一部あり、

すべてあるわけではないのですが、

フイルム時代の婚礼写真や成人・七五三記念写真の焼増しなどご依頼があれば

お時間を頂いて探しております。

あきらめずにぜひご相談ください。撮影の年月日がわかれば見つかりやすいです。

真奈美


佐藤写真館の入り口入ってすぐ左側に、

ねじれ模様の幹が見ごたえのあるザクロの木があります。

ここ2年くらい、ザクロは2~3個くらいしか実をつけなかったのですが、

今年はたくさん実がついているようです。おそらく、冬の剪定の仕方に影響されているのかと

思います。

毎日、何個実が膨らんでいるか数えるのが楽しみです。数が変わるわけでは

ないんですけど、なんとなく全部見つけたかどうかと確認したくなる心理です。。

写真で見るより、もっと実がついてますよ♡

真奈美


すごくお久しぶりの投稿です。。。

今日は先ほどから雷がなり、雨模様です。お店も今日は暇です(私は)。

店先の庭をお花チェックのために巡回していたら( 言うほど広くないですが)

今年一番に咲いた、ピンクのバラを発見!

Oh~ 水滴をまとって凛と立っている姿が美しい!!!

沢山咲いて、今年も楽しませてくれそうです (⌒∇⌒)。

写真に写ってないけど、隣のハニーサックルは、以前に予防のためバラに投与ついでに

防虫剤をスプレーしたらダメージ大きかったようで、枯れてしまった、

と思っていたんですが去年から芽が出始め。

今年はバラの隣で花が咲くのではと期待しています。咲いたら投稿します。

真奈美


DSC_1071

柿のヘタが茶色くなってきたころ、渋柿の収穫をして、柿の皮むき器とスライサーを使って

くるくると皮をむく。

へたのひらひらした部分が残っているとあとで、干し柿に貼り付いてしまうので、

へたの周りもきれいにむく。

次に、プラスチックの柿つるしに、柿の小枝部分をさしこみ、

燻蒸し軒下にぶら下げて


干しておく。その様子がこれ。

乾燥が速すぎても遅すぎてもうまくいかないようだ。


このあとも、手間隙かけて干柿づくりが続く。


しばらくしたら、柿を取り込んで、一晩寝かせせいろに並べ、

1日1回せいろを揺すって柿をコロコロ転がす。


気仙ころ柿と言われるのは、この転がしにゆえんがあるようだ。

だんだん、うまくいけば白い粉のようなものが、柿の表面を被ってくる。

こおりっこがあがる、とこの辺の言葉では言う。柿の形を整えて出来上がり。

今年の柿は、平均に大きめ。台風も少なかったせいか、柿の表面がきれい。

11月の気温が高めなのが、気がかりだけど、美味しい干し柿になりそうな予感。

気仙の柿は種がないので、食べやすい。おひとつどうぞ。

真奈美