佐藤写真館

忘れられない不動様

平成元年4月28日

六度目の参拝果す

3月26日、日曜日、快晴。長閑な春を満喫・・・三鉄・甫嶺駅を七時半頃下車した。

大船渡市歩こう会の一行30名が綾里野形のお不動様までの道程を強行だ。私は長道中はとても無理だ。9時24分の三鉄で行き、綾里駅からは親戚の娘の車を呼んで、お不動様まで送ってもらって一行を待つことにした。

昨年、例祭日から映画のロケーション等で行き、今回は六度目の参拝だ。そして、小林旭が残してくれたセットの移設とその景観を見たいのが本趣なのだ。/p>

重要な観光地

神域の入口に豪壮な屋敷門、その左右の袖に塀まで巡らし、その前には高々と鳴子も建ててある。日曜とあって、家族づれなど参詣は多かった。

来る人は皆鳴子の綱を引いて、櫓の上の竹筒の音色を楽しみながら境内に進む。

重い扉の木戸を半分閉めて撮影して、神域に入る。その参道は、行くたび目を引くが、実によく整備され、参拝者の芥一つもないのは気持ちがよかった。三陸の文化財として重要な観光地であり、春来る鬼の試写会も東京と盛岡で日程が決まり、宮古で封切るとの報道だ。

小林旭もまた…

三陸綾里の不動様がクローズアップされて、日本国中に知られるであろう。小林旭の最初の第一回の作品映画。彼は一生涯忘れることのない思い出深い不動様に、必ずまた参拝に来る日があるだろう。

参拝者が三三五五参道を登って来る。私は、神域の撮影を5、6枚、シャッターを切り、門の前で歩こう会の着くのを待つことにした。

予想外の行程に健脚の連中も三時間以上かかるとは思わなかったらしい。婦人の方は、ちょっとパテ気味に見えたが、それでも回復は早い。門前で記念撮影をしてあげた。

映画撮影セットの保存、観光利用を協会に提言したのだが、門だけでも保存されたことを喜ぶのは私と小林旭だけではないだろう。今年の例祭日は一層賑やかだろう。